.

自動車重量税、別称重量税というものは日本の車あるいは輸入車など車の生産している国やスポーツカー、ワゴン車等自動車の形も全て同じで、例えば、スズキやクライスラー、などにも当たり前に負担が必須なものなんです。

新車登録の時、または定期的にある車検を受ける時に納税が必要になる税金になります。

この支払額は対象となる自動車の重量により定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」では全く違う税金のため基礎となる税金を理解して間違えないようにしなければなりません。

「自動車重量税はクルマの重さにより」「自動車税という税金はクルマのリッター数により」その税額が違います。

そして、引き取りする際の扱われ方異なりますし、注意しなければなりません。

車を手放す時には支払った自動車の税額がいくら残っていた場合でも、その金額が還ってくるようなことはないですが、一方自動車税の場合は既に支払った金額を買取金額に乗せてくれるということがありますが重量税の場合は足されるといったことはあまりないのです。

重量税の場合は、手放す際に支払った額が残存しているからと言って車専門業者にてそれが配慮されることはまずないのです。

なので次の支払い、つまるところ車検に出すまで売らずに待ってから買取っていただくという手法が無駄がないです。

買取の際は還付の対象にならないのが重量税ですが、特別な場合だと還ってくることもあります。

これにあたるのは、車検期間が残ったままの自動車を廃車にする場合です。

つまり、廃車申請をした際に、残っている期間に応じて金額が返金されます。

ただ、車の買取の場合はその中古車が廃車になるのとは違うので還付されません。

さらに愛車の名義変更をした場合や盗難された際も返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている車を買い取るイコール、つまり車検期間がまだある車です。

店側も忖度しますので自動車重量税の残存期間があれば、ある程度買取額があがると思います。

当たり前ですが、売却額は業者次第で異なりますが車検期間がまだあるということが忖度されれば、自動車の査定額からみるとそこまで損をするということもありません。