.

契約店でどれものクレジットカードが決済できるわけではありません。手島優 ニキビケア

◆クレジットカードの加盟店舗は二つ以上のクレジットカードサービスに加盟していますが不便なことにどれもの店舗で全部のクレジットカードが使えるのでもありません。車 売却

つまり旧態然とした契約店の際にはJCBのロゴの書いてあるそのクレジットカードしか決済不可なときもありますし、近頃の商店の場合だとVISAとマスターカードといったロゴのついたクレジットカードしか使えない場合もよくあります。マリアンナ 豊麗

ディスカバーなんかのカードならよけいに決済できないお店が増えるんじゃないでしょうか。過払い金請求 プロミス

何の印のクレカが使えるかどんな方法で見分けたらいいの「ではどのようにしてどのマークの所有クレジットカードが切れるかを判断したら良いのか?」という質問ですが本当のところを判断するためにはそこの誰かにお見せしてみるほかないていうのが正直ながらその回答です。アンボーテ

ただしたいがいの商店やレストランには加盟店の分かりやすいところとかに使用可能なカードの印が書かれたシールが貼られているため、「そうか、あそこの店舗はVISAカードが切れるんだ」という感じで分かりやすいようにされているので心配しないようにしてください。にこるん ニキビ

しかし、ちゃんと契約管理が出来ていない加盟店舗で決済する場合には、ロゴシールが掲示されている店舗でも「ここでは○○カードはお受けいたしかねます」なんて返答をもらってしまうなんてこともあるわけで途方に暮れてしまうことだけは避けたいところです。ブラジリアン ワックス セルフ

やはりできる限りはより多くの加盟店でクレジットカードが切れるようにしたいのならば、異種のロゴ(海外会社)がある一般的なマスターカードJCB、ダイナースカード、ライフカード、といったクレジットカードを2枚以上は財布に入れておくようにするようお勧めします。

(例えば:ニコスカードを使っているならその次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレジットカードを申し込むほか)。

日本においては、VISA、マスターカード、JCBの3つの契約が入ったクレカをそれぞれ財布に入れておけば、だいたい100%近くのカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのクレカを提示するようスタンバイOKということになります。

クレカを使用してスマートな支払いを目指すならば、きっちりとこれらのクレカを申し込んでおいていただくようお勧めします。