.

未払い残高があるカードの無効化を行う際も慎重に:ショッピング枠もしくは会社独自のプランキャッシング枠などといったローン残高に関する払い出しが依然終わっていない段階において無効化をするとごく自然な事実と言えますがクレカの機能停止とともに未払い残高への一括払いを督促される場合もあります(要するに払い込みが終了していない残額を機能停止したいという意向なのであれば一度に弁済してくれというように催促されます)。76-6-60

申請時点での残高に蓄えが使用可能な状態で残っている状態だということであれば問題ないけれども貯金が不足している段階でこういった契約失効手続きなどをやってしまうのは天に唾を吐くようなことだというようにも言えるのであるから、きちんと払い出しが済んでからカードの機能停止を申請するというように時期を工夫した方が安全と思います。76-14-60

解約に及んだ時点で果たしてどれくらいクレカを使って何円クレジット会社に払わなければいけないのかをよく把握した上で機能停止してもらいたいと思います。76-11-60

機能停止手数料の求められるクレジットもわずかながら存在:現在、特異な例に限られてはいますが、稀にクレジットにおいて契約失効手続きにかかるお金というやっかいなものが必要になってしまうときが存在します(一部のハウスカード等)。76-4-60

かなり特殊な例外的ケースでのみ発生するものである故に考えなくとも問題ないのですが、クレジットカードを使用し始めてから特定期限より前で契約失効手続きするようなケースなどに使用取りやめにかかる金額という望まざるべきものが必要になるシステムが構築されているので、このような機能停止手数料を支払いたくないというならば、特定日数が経過するまでしっかりと期日が過ぎてから使用不可能化を実行するようにするようにしてください。76-8-60

ちなみに安心してもらいたいことですが、上述したような状況は解約を希望した時に窓口の担当者の人から通知ないしは注意などというものがぬかりなく言われるはず。76-9-60

前もった通知がないうちに解約のための支払いといった類いのものが口座から差し引かれるようなことはないことですから、軽い気持ちで使用不可能化を顧客対応窓口に申請して頂いて自らが手持ちのカードについて使用不可能化手数料が支払わなければいけないか否か尋ねて頂ければと思います。76-7-60

76-2-6076-13-6076-10-60



76-19-60 76-20-60 76-18-60 76-15-60 76-16-60