.

為替への介入というのは耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、テレビのニュースネット等のニュースでご覧になった方も多いでしょう。80-19-60

為替の介入は我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現させるために行なうやり方として使われています。80-6-60

要は、激しい円高もしくは円安になった時に財務大臣のお達しに従って中央銀行である日銀が円を売買して相場の安定化を狙うことを言います。80-5-60

為替介入にはいくつか方法があるのです。80-2-60

1.単独介入・・・政府や日本銀行が東京での市場の中で自主的に市場に入って為替介入をする。80-8-60

2.協調介入・・・多くの銀行などが相談のうえそれぞれの通貨当局の金を利用してタイミングを合わせてあるいは少しずつ為替介入(外国為替平衡操作)を実施する。80-13-60

3.委託介入・・・外国の銀行などへの為替介入を委ねる。80-14-60

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の銀行などに代わって外国為替市場介入(為替介入)を実施する。80-11-60

こんなような方法があります。80-17-60

どのケースの為替介入(外国為替平衡操作)も短期に、当分為替にたくさんの影響を与えることになります。80-7-60

為替介入(外国為替平衡操作)の額は当然自分の国の権威をかけて行なうのですからスケールが大きいです。

円を元にして説明すると、いつもは数銭ごとに変化している円相場がいきなりかなり変化をするのです。

個人投資家の人でしたら一回くらいは体験していると思うのですが、そこまでは順調に利益(あるいは損失)が多くなっている保有高を持っていたところへ、持っている保有高が決済しましたとの内容の通達がFXの業者からメールが届き。

どの程度の儲けかな(損したのかな)?と気にしつつ決済後の状況を見ると、自らが期待していた状況とはまったく逆の事態となり驚いてしまったということがよくあります。

為替介入が実施された際によくあることなのです。

このように為替の介入が施行されることで為替の変動と逆の変化をすることがわかりました。

加えて動く金の大きさはものすごく大きく大きく動きますので注意が必要です。



80-16-60 80-4-60 80-20-60