.

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨をトレードして差益を稼ぐ商取引です。

売買の価格は、いつも上下しています。

それが為替相場です。

ラジオを聞いていると、外貨の為替の話題が流れる時があります。

見かけるのが、「今日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。

トレードには買値と売値の2つの価格が存在します。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している取引会社も存在しています。

いつもは買値よりも売値が低く設定されています。

私達が買値は高く、売値は安くなるはずです。

この差分をスプレッドといいFX取引会社の収益のひとつといわれています。

スプレッドの差は取引会社によって変わります。

スプレッドの狭さはあなたにとって経費になるので狭い取引会社をセレクトするほうが有益です。

ただし、同じ業者でも場合によってスプレッドは変わります。

仮定として通常時は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドであっても、為替の上下がかなり大きいときには広くなったりするのです。

なので、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化しないのが重要です。

この頃では変化しないスプレッド幅を示す業者も多数存在しています。

リアルにFX会社の売買画面内でレートを調べなければ判別できないので面倒ですが必要不可欠な事です。

重要な投資資金を賭けてトレードをしますので、売り買いの前に、心惹かれた取引会社の取引するための口座開設をして、提示されているスプレッド幅を確かめましょう。

同じ通貨でもそのときの外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なる場合があります。

一般的には、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドの広さが小さく別の通貨ではスプレッドの幅が大きくなる事が多いです。