.

普通の初めての方向けの外為の書籍では「マイナスになったケースではナンピン買いをして、ポジション全体の買い付け価格を小さくする」とアドバイスしていますが、実際はここには目に見えない危険が潜んでいます。Japan Tenor

はじめに、ナンピン買いの原理についてとても簡単に説明しておきます。U-mobile MAX

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。そのまんま東 増毛

$買いだから円安ドル高に動くほど儲けが大きくなりますが1ドル=95円まで円高ドル安方向に触れたとします。かに本舗 評判

このまま保持し続けたとしたら、プラスになるためには損した分ドル高に向わなければなりません。etcクレジットカード 学生 作り方

誰でも、損失は出来るだけ早く無くしたいと考えるでしょう。

これを解決するためはじめに取引したのと同じ分の$(ドル)を1ドル=95円で買います。

そうすると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで下げることができますつまり、2.50円の幅でドル高が進むと、損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピンのロジックだ。

こういうふうに、ナンピン買いの原理を知ると、「まちがいない」と考えたりするが為替相場は易々と思い通りにはいきません。

だいたい、1ドル95円以下にならないとは分かるはずがありません。

相場がかなりのドル安トレンドだとすれば、95円では下げ止まることなくさらに円高が進む確率は高くなります。

例として、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円までドル安が速んだらナンピンした分にも為替差損が生まれます。

こういう状況では最初に持ったポジションと同時に更なる損失が生じます。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、為替が自らの脚本とは逆にさっと行ってしまった場合、どういう術で危険性を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では選択できる術は2つあります。

まずひとつめは執着しないで、ポジションを諦める事です。

もうひとりは、その時点で、持っているポジションを小さくする事で、再度マーケットが戻るのを大人しく待ち望む事だけです。

相当受動的なやり方だと言う方もいるkもしれません。

けれども、自分のポジションに損が生じた場合、一番リスクが低い手法はこの2つ以外にはないです。

勿論、ロジックのうえではナンピンをするという方法も有効です。

しかしナンピン買いは自分自身がマイナスになっている場面で、ポジションを無くすどころかそれとは逆にポジションを積み重ねていく手段です。

この方法では、危機を削減することなどどうやっても可能ではないと考えるべきです。

ナンピンをしていけば最終的には勝てるかもしれない。

でも、そうなる前に投資資金が足りなくなってしまいます。