.

クルマの損害保険には皆様方もご存知だと思いますが、通称「等級」と呼ばれる数字があります。77-16-30

略さずに言うとノンフリート等級別料率制度という名で、掛け金にかなり甚大に影響を与えています。77-12-30

等級という制度は、自動車の損害保険に入っている者の公平さを保つことが目的としておりトラブルを引き起こす危険性あるいは車の保険を用いられる確率が大きければ高いと考えられるほど保険の料金が増加します。77-17-30

しかし自動車事故を起こす見込みがあまりなく、車の保険を使用するとはあまり考えられない人に関しては優秀な加入者に相違ないと認められることで月額の掛金が低くなります。77-20-30

安全に運転している被保険者の方が優遇される制度となっているので交通事故を起こしやすい人には多少不利な枠組みであると考えられます。77-8-30

等級という仕組みは、リスクの低い運転手と事故のリスクがより高いドライバーの保険の料金が同じ金額だと割高な金額を払わされていると考える被保険者が多数を占めるため会社としても支払い損を少なくするために何が何でも欠くことのできないシステムだといえるでしょう。77-11-30

等級というものは具体的には一体どのような枠組みなのか簡単に概説させていただきます。77-1-30

第一に、等級には1等級より20等級まで定められ、被保険者の等級が上がる毎に月額の掛金が安価になるシステムになっていることに注意しましょう。77-4-30

第二に、1等級から3等級の間については安くならずかえって割高になり、事故を生じさせ自動車の損害保険を使用すると等級が三つ下がり、一層負担が大きくなった自動車の保険を振り込んでいくことにならざるを得ません。77-18-30

そして、はじめてクルマの保険に加入する際は六等級という位置からの開始となりその等級から自分の数が下がっていくのか高くなっていくのかは被保険者の手にかかっています。77-9-30

だから、掛金を安価に抑えたい人はトラブルを引き起こさないように日々安全運転に心がけるのが大事です。



77-13-30 77-10-30 77-5-30 77-6-30 77-14-30