.

通常の初心者用の外為の情報では「損が生まれた状況ではナンピン買いすることでポジションの平均を買い付け価格を下げる」等と述べられている事もありますが、現実的にはこれは大きな隠れたリスクが潜んでいます。

まずはじめに、ナンピン買いの手法に関して簡単に説明します。

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いということで、円安になれば儲けが大きくなりますが、思い通りに行かず95円までドル安方向に進んだとします。

このままの状況でポジションを維持し続けたらプラスになるためには、円高になった分ドル高が進まなければならない。

誰でも、損失は可能な限り早く戻したいと考えるでしょう。

それを解決するため最初に注文したのと同額分の$を1ドル=95円で買い増します。

そうすると、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。

要するに、2円50銭の幅でドル高が進めば赤字を回復する事ができます。

それが、ナンピンの仕組みです。

ナンピンのやり方を知ると、「まちがいない」と考えたりするが市場は易々と問屋を卸しません。

だいたい、1ドル=95円が底だということなど、誰にも想像できません。

仮に、市場がかなり強い円高ドル安地合だとすれば、1ドル=95円では下げ止まることなく、より円高が進むリスクがあります。

97.50円でナンピンをして、95円まで円高ドル安になったら、ナンピン買いした分にも、差損が生まれることになってしまいます。

それでは、最初に売買したドルと全部で、ダブルで損を被ることになります。

それほど、ナンピンはややこしいです。

それなら、為替が自らの筋書きとは反対の方向に素早く向ってしまった場合、どんな対応で危険性を管理すればいいのでしょうか。

そこで取れる道は2つあります。

ひとつめはあきらめて損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては今、自分自身が持っている買いポジションを減らす事で改めてマーケットが戻るのをじっと待ち望むことです。

かなり受動的な術だと感じる投資家もいるkもしれません。

だけど、自分が所有しているポジションにマイナスが出た場合一番有効な手段はそれ以外には考えられない。

確かに、机上ではナンピン買いをするという方法もあるように思える。

けれどもナンピン買いは、損失を出している状態でポジションを小さくするどころか、それとは逆に買いポジションを積み増していく手法です。

この手段では、危険性を削減することなど、どこをどうやっても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができれば最終的には儲けが出るかもしれません。

だけど、それより先に投資資金が足りなくなってしまいます。