.

学校に通うということは義務教育として当然の事であり、必要なことです。もちろん大勢の同じ年齢の子供たちが集まることで、意見の違いからけんかが起きたり、いじめが起きたりしてしまうのは問題ですし、教師の不祥事があることもあり、学校に対してあまり良い見方をしない人も多くなっています。 とはいえ、やはり学校教育は必要なことであり、必要な教育を受ける主要な方法なのです。学校では他にもいろいろなことを学びます。大勢の人と協調することや、給食などで嫌いな食べ物も乗り越えるように訓練できること、友達ができること、いろいろな考えや行動をする人たちと接することで自分を広げる機会になることです。また先生に敬意を持つことや、友達を助けることや親切を示す機会を持つこともできます。 学校に通うことで悪い友達ができてしまって悪影響を受けてしまうということもあるとはいえ、やはり学校教育から得られるものは大きいといえますし、親はその点で子供を教えることが求められてきます。