.

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを売買の注文をして利幅を狙う商取引です。

売買の価格はいつも上がったり下がったりします。

それがマーケットです。

ラジオのニュースを聞いているとドルやユーロのレートの話題が流れる場面があります。

よく見かけるのが、「今日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表現しています。

言い換えると、トレードには買いと売りの2個の値段が存在するのです。

売値のことをビット、買値の事をアスクと提示しているFX業者も存在しています。

買値よりも売値が安く定められています。

投資家が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

この差分をスプレッドといい取引会社の儲けの1つになっています。

スプレッドの差はFX業者によって違います。

スプレッドの幅は利用者にとって経費になるので低いFX取引会社をピックアップするほうが有益です。

ただ、場面によってスプレッドの広さは変化します。

例としていつもはドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの差であるとしても、レートの上下がとても大きいケースでは1銭よりも大きくなったりする場面があります。

という事で、スプレッドが狭いのと同じく安定している事が大事です。

この頃では動かないスプレッド幅を見せる取引業者もあります。

リアルにFX業者のトレード画面上で実際の相場を確かめなければわからないので億劫ですが、肝心な事です。

大事なお金を投入してエントリーをするのだから実際のエントリーの前に、気になる会社の取引口座開設を全部して、示されているスプレッドを知っておきましょう。

同じ通貨でもその瞬間の為替の状況によってスプレッドの差は異なる場合があります。

普通は、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さく別の外貨ではスプレッドの広さが広くなるのが一般的です。