.

破産申告をする人で負債に対し保証人となる人物が存在するときには早い段階で連絡をしておくべきでしょう。ハーブガーデンシャンプー

さらに、強調したいのですが、負債に保証人が存在するときは自己破産手続きの前段階で前もって考えなければいけません。

なぜなら、みなさんが破産宣告をして免責がおりると、その人たちが負債をいっさいがっさい背負う義務があるからです。

だから、破産の前に保証する人にこれまでの詳細とか今の状態を報告して、謝罪をしておかなくてはいけないでしょう。

これは保証人からすると当たり前です。

借金をしたあなたが破産申告することで、大きなローンが回ってくることになるのですから。

そうして、その後の保証する立場の人の選べる選択ルート次の4つです。

一つの方法は保証人自身が「すべてを弁済する」という選択肢です。

あなたの保証人がそれら何百万もの負債をラクに支払うことができるといったようなキャッシュを持ち合わせていればそれが可能でしょう。

ただむしろあえて破産の手続きをせずに保証人に借金して、あなたは保証人となる人に月々の払っていくという解決策もあるかと思います。

もし保証人が債務者と良い関係にある場合は、少しは期日を考慮してもらうこともありえます。

またひとまとめにして弁済不可能だとしても、金融業者も分割での返済に応じてくれるかもしれません。

あなたの保証人に破産宣告を行われると、債権がなにも弁済されないリスクを負うからです。

また保証人が保証した債務をあなたに代わり負う財産がない場合は、あなたとまた同様に何らかの方法による負債の整理を選ばなくてはなりません。

続く選択肢は「任意整理をする」ことです。

この場合貸した側と相談することで、5年以内くらいの期日で弁済する形になります。

弁護士などに依頼するときの相場は債権1件につき約4万円。

もし7社から契約があったならおよそ28万円かかります。

もちろん債権者側との示談は自ら行うことも不可能ではないですが知識のない素人の場合債権者が確実に有利な案を勧めてくるので気を付けなければなりません。

それに、任意整理で処理するとしてもその保証人に借り入れを立て替えさせることになるのですから、借りた人はたとえ少しずつでも保証人になってくれた人に返済をしていく義務があるでしょう。

3つめですが保証人となる人も返せなくなった人と同じように「自己破産をする」という選択肢です。

あなたの保証人も借金した人といっしょに自己破産を申し立てれば保証人である人の借金も帳消しになります。

しかしながら、もし保証人がマンション等を所有しているならばそれらの個人資産を没収されてしまいますし司法書士等の職業についている場合影響がでます。

そういった場合、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

最後に4つめですが、「個人再生制度を使う」ことができます。

住宅等の不動産を処分せずに債務の整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格に影響するお仕事にたずさわっている場合にメリットのあるのが個人再生による整理です。

個人再生なら、自宅は処分しなくてもよいですし自己破産のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限が一切かかりません。