.

FXビギナーがFXの要を押さえるには学習を積み上げていく事が不可欠です。特に、事前にリスクを回避できるようにするためにはミスを重ねる事も経験のひとつです。無論、失敗するといっても、致命的な間違いをする事は話になりません。取り返しが付くケアレスミスを何回か実績を積む事が、結果的に自らの場数を増やす事が出来ます。これを考えると、まずは少額資金で取引を行いそれによっていくつかちょっとしたマイナスを経験することが必要です。仮に、100万円だけしか資金がない状態で、深く考えずに100万円を全て投じてトレードすると失敗した時、永久に立ち直れなくなってしまうリスクがあります。そのため、一例として10%ずつ分割してトレードを行ないこれで売買を積んだ方が次第に損をカバーする方策なども覚えるはずです。まず最初に少ない額でトレードする事の有益なところは己の取引経験を増やし間違いを減らす方策を習得していく事にありますがそれと同時に、取引の回数を増やす事で偶然を削減する事ができるというメリットもある。想定として、1回あたりの取引で勝てる確率が5割だと考えます。言い換えると、同じく50%の確率で損が生じるリスクもあります。勝率5割ということは。二分の一の確率で勝てることを表現しています。ところが、全ての投資資金をつぎ込んで1回だけのエントリーをするということは、はっきりとした勝ちか、負けの片方になってしまいます。このままでは1度だけの丁半バクチと同じ。これは、全ての資金を使って1度だけしか取引をしないとこの分だけ大損するリスクが大きくなってしまいます。これを回避するために、資金を1回に全部つぎ込むのではなく、いくつかに分けて、投資経験を多くすることが危険性を減らす事になります。だからといって何度かに分けたとしてもすべての取引で利益を出す事は大事ではありません。正しく言うと、勝てないのが現実だ。取引で肝心なのは、勝率ではなく、どのくらい利益を出すかです。勝率が50%でも、たとえ勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。それ以上負けてもマイナスが小さければ、わずかな勝ちのプラスで上手に儲けられる。そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を気をつけておくことです。マイナスになったら間髪を入れず損切りし、それとは逆に勝てる場合は大きく利益を上げることが、外国為替証拠金取引の経験の浅い方が外為取引で儲ける秘訣です。