.

いよいよ仕かける時という場合では、第一に事前対策を怠ってはならない。トレードを始める前であったら場面を論理的に見ることが出来ます。しかしながら、ひとたびマーケットの内部に深入りするとどうやっても見解が偏ったものになる事が多く適切な判断が出来なくなる危険があります。それゆえにあなたの考えが客観的な段階で間違いない事前準備が不可欠です。”準備”のためには、始めに自分だけの脚本を書くことからスタートする。投資状況はああだからこの通貨を売買するみたいに、自分の物語を描いていきます。その次は日足チャートを見ましょう。これまでのレートの上げ下げを見つめて現時点での位置を確認する。そうすれば、「今のところ相当行き過ぎた状況だ」など、そうでなければ「もうすでに多数の方々がエントリーしているから、この先慌ててしかけても遅すぎるな」などと納得できます。もちろんもう取引するのが遅すぎるなと思っていたらそれはきっぱりとあきらめることか大事です。どうやっても物語を妥協しないで諦めずにトレードすると外国為替相場に跳ね返されてしまいそれどころかマイナスになりかねない。ただしかなりのケースで、準備万端のあなたなりのストーリー展開を考えていれば買い(または売り)が遅いという場面にはなることはありません。大方、具体的に相場が上下動する前の状態のはずだからです。その次に差し当たり自らが売り買いしようと検討している売買ポジションの上下動を、きちっと見る事が大事です。仮定としてドル高に向うだろうというシナリオを考えたのであればドル円の動きに用心しておきます。外国為替市場の上げ下げを注意を払い始めた場面では、まだドル円は大きく変化する雰囲気を見せないで、上や下にわずかな上下動を繰り返しているだけだろう。でも、その推移をちゃんと調べていると、ある状況で着実にドル高の方向へと外国為替市場が動き始めます。そこでいよいよ、ドルのトレードします。通常は、念入りに準偏を考えておけば、その売り買いで稼げる可能性は大きくなるはずです。