.

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを売買の注文をして差益を生み出す投資です。価格は、変化しています。それが為替です。ラジオのニュースを聞いていると、外貨の情報が流れる場面があります。よくあるのが「今日のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。言い換えると、売買には買いと売りの両方の値段があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で表示している取引会社も存在しています。一般的に売値のほうが買値よりも低く決定されています。投資家が買値は高く、売値は低くなるのです。この差額をスプレッドといい、FX業者の儲けの1つになっています。スプレッドの広さは会社によって異なります。スプレッドの広さは投資家にとって支出となるので低いFX取引会社を選んだほうが有益です。ただし、場面によってスプレッドの幅は変動します。例として普段は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの差だったとしてもレートの上げ下げがかなり大きいケースでは大きくなります。なので、スプレッドが低いのと共に変わらないということが不可欠です。現在では変わらないスプレッドを提示する取引会社もいろいろ存在します。現実にFX業者の注文画面の中で本当の市場を確かめなければ判断できないのですが、大事な事です。多額の資金を投じて注文するのだから、売買の前に関心がある業者の新しい口座開設を全部して、提示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。同じ通貨ペアでも、為替相場の変動率によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なることがあります。たいがい、銀行間取引市場で売買高が多い外貨ではスプレッド幅が小さく、それ以外のペアでは広くなる事がよくあります。